こがねい拳術 | 小金井市の中国武術の稽古会

ご来訪ありがとうございます。当会は、中国武術の散打稽古(自由組手や約束組手)を中心に武術を学ぶ会です。 東京都の小金井市を拠点に稽古会を開いております。武術や武道にご興味があり、通えそうな距離であれば、ぜひ体験にいらしてください。 価値を共有でき、いっしょに学べる仲間が増えたらいいなと願っております。

日本にも伝統的な素晴らしい武道(空手や柔道・柔術、合気道、少林寺拳法、日本拳法など)がありますが、 これから武術・武道を学んでみようかと思ったときに、中国の武術(拳術)も選択肢のひとつに入れてもらえると嬉しいです。

東洋の武術全般における、非力な人でも技術により身を護ることができるその合理的な理論は大変面白いものです。 生涯かけて探求できるやりがいのある分野のひとつだと思います。

武術概要

当会で稽古する武術のカテゴリーとしては、立ち技打撃系の武術に入ります。 言葉で形容するのは難しいですが、日本のフルコンタクト空手よりかは間合いが近いです。 柔道くらいの間合いで相手の腕に柔らかく粘りひっつき、相手を崩しにいきます。 相手が崩れた状態を作り、打撃を放り込むという戦法をとります。

とはいえ、相手も意思を持ち、崩されまい、打たれまいとしてきます。 自由に動く相手に対し、柔軟に変化・対応することは大変難しいものです。 そのため、実際に自由に反撃・変化する相手と組手稽古をし、攻防の技術を養っていきます。

護身術

最近は「護身術」を学びたいという方の声も増えてきています。 もともと「武」という漢字が「戈」(中国の昔の武器)を「止める」と書きますので、 争いごとを収め、身を護るという意味があり、武の技術そのものが護身術といえるわけですが、 その技術も時代の状況や環境に応じて変化していくものと考えられます。 (※ 武の漢字の成り立ちについては諸説あるようです。)

当会は徒手空拳による武術の稽古を基本として行いますが、昨今の防犯事情に合わせ、 対武器に対する技術の稽古も行っていきたいと考えております。

安全第一!ケガに注意して練習

護身のための武術の稽古でケガをしていては本末転倒です。 組手稽古が中心となりますが、常に冷静さを持ち、あわてず慎重な稽古ができるよう、 みなで声を掛け合い、意思疎通をしっかり行いながら稽古を進めていきます。

攻防の技術が熟練し、心の制御ができる段階までは、ケガの原因となる強打を伴う稽古は行いません。 (慣れていない初心者の方はご安心ください。) 打撃力の養成には、豆袋を叩いたり、ミット稽古などを行います。 大きな打撃力を有すること以上に、自分が安定した状態を保ち、相手のバランスを崩し、攻撃不能な状態を作る技術を重視します。

会費や参加条件

会費

会費の頁をご参照ください。

服装や持ち物

スポーツをするような動きやすい服装と運動靴でご参加ください。 汗をかきますので、スポーツドリンクなどをご持参くださったほうがいいかもしれません。 練習途中の水分補給などは自由です。汗拭き用のタオルもあったほうがいいです。

すでに他の武道団体・教室などに所属されている方の参加について

現時点で、当会は他の武道団体や教室にすでに通われている方の参加も構いませんが、 所属されている団体様・お教室様が「かけもち」を許可している場合のみです。 いらぬトラブルになってはいけませんので、かけもちができない場合のご参加は固くお断りいたします。

小金井市

「こがねい拳術会」という会の名前の通り、小金井市(こがねい)で開催しております。

練習場所は、JR中央線沿線の武蔵小金井駅、東小金井駅、国分寺駅の周辺の施設や公園などを使います。 まだ、始めたばかりですので、場所が固定できておりませんが、 できるだけ通いやすいよう、駅から近い場所を選ぼうと思っております。

基本的に、小金井市内の駅近くで練習をしますので、JR中央線沿線の方は通いやすいかと思います。 小金井市近隣の武蔵野市、府中市、国分寺市、小平市からのご参加も心よりお待ち申し上げます。

小平市と小金井市の間にある小金井公園で練習するときもあると思いますが、 小金井公園は最寄り駅から遠いのが難点です。

代表

武術修行歴としては20年ほどです。年齢は30代の日本人です。 フルコンタクト空手を学んでいるときに、ご縁があり、中国武術の稽古を始めました。 中国武術独特の組手稽古の面白さに魅了され、今まで探求してきました。 武術の世界においてはまだまだ未熟者ですが、稽古を重ね、技術を高めていきたいと思っております。

愛するべき小金井の地に根差した会としていきたいと思います。 どうぞよろしくお願い申し上げます。